イベント企画・制作・演出はKMC EVENT FACTORY INC.|大阪

イベント制作

  • こんにちは。

    大阪南部の河内長野市にある「天野山金剛寺」。
    そこに鎌倉時代に建立された金堂と呼ばれる建物があり、
    そこには木造大日如来坐像をはじめとした国宝が収められております。

    このたびこの金堂が約300年ぶりの大修理を終え落慶法要が執り行われました。

    今回は金剛寺落慶祭と称したお披露目イベントにて会場施工を担当させていただきました。

     

  • こんにちは。
    2月7日(火)に大阪城ホールにて「ユスト高山右近列福式」が執り行われ
    舞台監督を担当させて頂きました。


    約1年前から推進が始まりその間は列福式について色々と勉強させて頂きましたが、
    日本で列福式は過去に1度しか行われておらず、
    その一回もスタジアムで開催され少し条件が異なりましたので
    色々と手探りの中で進めてまいりました。

    計画の初期段階では私はミサの司式進行に関わることはなく、
    あくまで技術チームのとりまとめ的な役割としてのお話しでしたが、
    とはいえ80人のオーケストラや900人の聖歌隊が入り中継カメラを入れて
    Pinマイクを10波以上使用となると、
    司式進行の中身に首をグイグイ突っ込んでいかないと現場で困る人が続出することは
    容易に想像できました。

    当初の協会での司式打合せでは「舞台監督?はて?」みたいな感じで
    イマイチなにをする人なのか理解されていませんでしたが、
    現場では私の作成した進行台本で皆さま司式進行をされていましたので
    結果的にグイグイ行ってよかったなと改めて思いました。

    それでも、前日のリハーサルは司式関係者もさすがに不慣れなせいもあり、
    また大阪城ホールということもあって、
    そこもグイグイ首を突っ込むべきか!?と少し悩みましたが、
    さすがにミサの事ですので仏教徒のわたしにはその勇気はありませんでした…。

    列福式には1万人以上の方が参加され、
    YouTubeのライブ配信では世界中のかたが視聴されていたようです。

    400年以上前の人物であるユスト高山右近の列福に関わることができ
    「新たな引き出し」が出来たな…と思いつつ
    今後の列聖に向けての活動も気になるところであります。

  • こんにちは。
    ここのところ企画書作成やら進行台本の作成などデスクワークが重なり、
    打合せをしていても案件がごちゃ混ぜになってしまい

    「あれ?そんなゲストいたっけ?」
    なんて事にもなってしまいがちです。

    イベントの推進が重なると良くある事なのですが、
    特に提出期限が近いと容赦なく飛び交うメールにも逐一対応をしていかなければなりません。

    そんな時は、アタマの中のチャンネルを案件に合わせて切り替え、
    デスクまわりの資料も一掃して作業をおこないます。

    ただ、悲しいかなアタマに描くチャンネルは昭和のレトロなブラウン管テレビに付いていたような
    「ガチャガチャタイプ」のチャンネルです…。

    今どきのデータ放送に対応したようなリモコンで
    アタマの中も瞬時に切り替えれば効率的なのでしょうけどね。

    というわけで、私どもではイベント(式典・学会・プロモーション・興行など広く対応)の企画提案書作成から
    演出進行に関する台本の作成や、付随する各種資料の作成など
    制作業務も得意としておりますのでお気軽にご相談下さい。

     

  • こんにちは。
    気づけばホームページの立ち上げから5年、リニューアルから2年も経ち
    ようやく重い腰を上げてWordPressを導入する事にしました。
    本当はもう少し早く立ち上げたかったんですけど…ついつい疎かになってしまいました。

    これからはどんどん?アップしていきたいと意気込んでおります。

    さて記念すべき1回目の投稿です。

    この写真ですが、先日センコー株式会社様の周年イベントをお手伝いさせていただきました。
    センコー様は2016年で創業からなんと100周年!スゴイですね。
    私も昔からトラックや倉庫を見たことがあったので名前くらいは知っていましたが、
    仕事をするにあたり色々と調べてみると歴史もさる事ながら、とても大きな会社だということが分かりました。

    創業から100周年の節目に社員の皆さんが1年をかけ全国をリレーでウォーキングし、
    タスキを繋ぐという社内イベントの出発式とゴールイベントを推進と現場進行を担当させていただきました。

    スタート式は創業の地である熊本県水俣市で開催し、
    ゴールイベントは滋賀県の自社研修施設であるクレフィール湖東で行われましたが、
    両日とも季節がら天候が不安定だったものの、
    本番時は雨が降らず無事に終えることが出来ました。

    どうやらセンコー様の福田社長は強力な晴れ男らしく、
    大事な場面ではいつも晴れるそうです。

    やはり大企業のトップともなると「持っている」なんですね。
    あやかりたいです。