イベント企画・制作・演出はKMC EVENT FACTORY INC.|大阪

ステージ演出

  • こんにちは。

    最近は誰もが手軽にライブ配信出来る時代になりましたが、

    いま話題の台湾発ライブ配信アプリ『17(イチナナ)Live』をご存じでしょうか!?

     

    全世界で4000万ダウンロードを記録しながらなお増え続け

    2017年8月に日本に上陸しました。

     

    配信者をライバーと呼び、お気に入りのライバーに対してはアプリ内課金のギフトを

    ぽいぽい贈れるというなんとも今どきなSNSアプリです。

     

     

    ライバーの配信内容はさまざまで、

    歌ったり踊ったりするライバーもいれば日常をただ話し続けるライバーもいて、

    トップライバーともなれば「月収1億円!」を稼ぎ、

    メディアでも大きく取り上げられています。

     

     

    そんななか、

    6月28日に東京タワーの足元にある「スターライズタワー(旧東京タワースタジオ)」にて

    オフラインイベント『17シャイニングスター』が開催され

    演出舞監としてのお仕事をさせて頂きました。

    (例によって演出なの?舞監なの?みたいなビミョーな立ち位置です)

     

     

    イベント本番では参加したライバー150人が時間内にどれだけのギフトを集めるかを競い、

    優勝者にはマツダ「ロードスター」(250万円相当)が贈られました。

     

    正直、優勝した”あーるちゃん”が集めるギフトを見ていると

    ロードスターなんて○○くらえって感じの勢いでコンボが発生し、

    このイベント当日だけでも5,000万円以上がギフトとして動いたそうですからすごいのひと言です。

     

    優勝した”あーるちゃん”

     

    会場内では150人が一斉にライブ配信を行うのですが

    ライバーはそれぞれ自分のスマホに集中しているため、

    会場内の雰囲気づくりからバトル(ライブ配信の競技)中の演出、

    オーディエンス(配信を視聴する人)に向けたカメラ割りなどを考えないといけない

    新しいイベントの形態を見た感じがしました。

     

     

  • こんにちは。

    2018年4月8日に京都市勧業館みやこめっせにおいて

    「2017-18年度RI第2650地区 地区大会」が開催されました。

     

    今回は本会議の演出・進行を担当させて頂きました。

    私は国際ロータリーの地区大会を担当させて頂くのは他地区も含め今回で5回目になりますが、

    各回ともそれぞれの地区担当者さまが趣向を凝らしながら、

    前例の良いところは取り入れつつ独自の斬新なアイデアをもたらし

    来場者を決して退屈させない工夫を凝らされます。

     

    基本の式典形式においても昨今の映像技術をふんだんに取り入れながら、

    特別プログラムでもこれまでにオペラやダンスから日本の古典芸能など

    多彩な舞台芸術を企画されるケースが多いので

    演出する側としても広い知見と経験が求められます。

     

    今回の地区大会本会議では人間国宝の片山九郎右衛門さんが

    声楽とフルートの演奏に合わせ優雅に舞われる創作的な能楽を披露されました。

    片山九郎右衛門 ©片山家能楽・京舞保存財団

     

    片山九郎右衛門さんは会場入りしてから場の雰囲気を繊細に感じ取り、

    リハーサルで動きや構成を決めていくスタイルには

    こちらも久々に感性が研ぎ澄まされた感じがして

    気持ちよく仕事をさせて頂けましたし、とても勉強になりました。

  • こんにちは。
    昨年に引き続き今年も国際ロータリー第2660地区の
    地区大会にて演出を担当させて頂きました。

    会場は同じくグランキューブのメインホールですが、
    その中身は昨年とは全く異なり演出要素の高い内容となりました。

    とくにご来賓の皆さまを紹介するシーンでは、
    グループごとに登場し総勢80名を超える方々をすべて立ち位置に付け
    名前を読み上げる演出がありました。

    本番直前では「まだ受付に来ていない」とか
    「近くまで来ているので間に合うかも」みたいな攻防が舞台裏で繰り広げられ
    なかなかシビれる展開でした。

    こういった場面で大切なのは正しい情報の入手と的確な判断に尽きると思います。
    このシーンはガバナーの思い入れが強く失敗の許されないシーンでしたので、
    事前のシミュレーションとリスク対策に注意を払いました。

    その結果として大きな問題も無く
    一番大切にしていた演出のテンポ感も出すことができ、
    色々な方よりお褒めのお言葉を頂戴しました。

    地区大会ではそのほかに人間国宝の大槻文藏さんによる能楽「翁」の披露や、
    片岡リサさんの箏演奏など2日間わたり盛りだくさんの内容でしたが、
    昨年とはまた違った開催内容で刺激的な現場となりました。

    能楽「翁」 ©大槻能楽堂

    歓迎演奏

    毎年開催される定例行事は基本的な構成は決まりものとしてあるものの、
    前回とどの様に差別化するかが主催者の一番こだわるところであり、
    様々な要望が企画段階から主催者より出されます。

    我々はそのご意見を参考に希望や理想だけを追い求め過ぎず、
    コンセプトや費用対効果を計画段階からよく検討し提案していくことになりますが、
    大前提として如何に主催者との信頼関係を築きながら
    意見交換が出来るかがポイントになると考えています。

    コストを見ながら首を縦に振るか横に振るかだけを考えていては
    主催者と同じ方向は向けないでしょうし、
    出来もしないことを声高らかに語っても信頼は生まれません。

    関西財界の大御所ばかりの実行委員会でしたが、
    そんなことを考えながら取り組んだ2年間でした。