イベント企画・制作・演出はKMC EVENT FACTORY INC.|大阪

そのほかのこと

  • こんにちは。

    先日千葉県のディズニーリゾート内にある「舞浜アンフィシアター」に
    イベントのロケハンに訪れました。

    舞浜アンフィシアター外観

    このホールは当初「シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京」としてオープンし、
    ZEDというタイトルの公演を行っていました。

    その後、紆余曲折あってシルクは撤退し新たに「舞浜アンフィシアター」と名を変え
    多目的ホールとして企業を中心に多く利用されているようです。

    常設小屋としては日本ではほとんど見かける事がない特殊な客席レイアウトと
    豊富な舞台機構が備わっており、斬新な登場演出や注目度の高いスピーチなどが
    容易に実現できる構造になっています。

     

    ただ、元々が作品ありきで設計されているため、
    当然ですが演出としてはワンパターンになりがちになるところが
    プランをする側にとってはアイデアが試されるのではないでしょうか。

    今回は企業のモチベーションアップ施策を目的としたイベントのための下見で、
    幅20mを超えるワイドスクリーンの使い方や円形リフトでの登場演出を中心に、
    客席からの見え方などを細かくチェックさせて頂きました。

    床機構(奈落から)

    下見までは提供されているCADデータで平面図を書き、
    そこから3Dデータを追加してパースまで仕上げていたせいもあってか、
    現実でもほぼイメージどおりの空間構造になっていました。

    私は仕事柄これまでに多くの劇場を見てきましたが、
    前述の通りの特殊さゆえに興味深く隅々まで見させてもらいました。

    ここだけに限らず、最近の劇場はコンピュータ制御が進み
    制作者の負担を減らしながら演出の幅を大きく広げています。

    ただ、観る方の目も技術の進歩とともに同様に肥えてきますので、
    演出の根底にある感性の部分がしっかりしないと、
    先端技術だけに頼った「ごまかし」では簡単に飽きられてしまうかも知れませんね。

     

  • こんにちは。

    先日、国立京都国際会館にて『東アジア文化都市サミット』が開催され
    会議進行を担当させていただきました。

    このサミットは京都市の主催によって開かれ、
    東アジア各都市における文化都市としての取組みの成果を共有し、
    今後の東アジア文化都市事業の発展方策を具体化する契機とするとともに
    文化交流の一層の促進方策について議論を行うことを目的として開催されました。

    これまでにも国際会議のお仕事に携わる機会はありましたが、
    一口に会議といっても発表や議論の方法、使用言語や通訳の入り方、
    会場レイアウトなどには様々なスタイルがあり、
    今回は「馬蹄形式」とよばれる会場レイアウトで実施されました。

    その名の通り馬の蹄の形に似た座席レイアウトになっていますが、
    発表する側と聞き手相互の表情がよく見て取れて今回の趣旨に最適なレイアウトになっています。

    私は会議中はパテーションの裏で会議進行の管理を行いますが、
    その際は、進行スタッフとのコミュニケーションのために
    トランシーバーのイヤホンを左耳に付け、
    右耳は同通レシーバーの音声を聞きながら海外参加者の発表内容をモニタリングし、
    その上から技術系スタッフとのコミュニケーションのためにインカムを被るという
    特殊な状態になることがしばしばあります。

    ときには進行スタッフへの指示をインカムで間違って出してしまい、
    遠くで目はあってるのに相手は「はぁ?」みたいな表情になることがありますね。。。

    今回ステージは会議終盤の署名式まで使用する事はありませんでしたが、
    19都市の代表者が3通の宣言文にそれぞれ署名を行うため、
    宣言文の移動や参加各市長の誘導などアテンドスタッフにとっては少し
    複雑なオペレーションとなりましたが、
    充分に動きをレクチャーする時間があったので
    本番ではスムーズに署名式を行う事が出来ました。

    会議の内容としては日中韓各都市の発表はどれも興味深いものが多く、
    韓国・大邱広域市の権泳臻市長は日韓大学生演劇祭の様子などを報告していましたが、
    今後ますます日本の豊富なコンテンツを東アジアをはじめ世界に紹介できる機会が増え、
    同時に私たちの仕事が増えれば嬉しいですね。

  • こんにちは。
    つい先日までとあるコンサートツアーのお仕事で全国各地のホールを巡業していました。
    昨年もこの時期はコンサートツアーに出ており慌ただしく移動する毎日でしたが、
    今年も同様に移動を繰り返しておりました。

    そんな中、台風が何度も押し寄せる中でなんとか行き着いたのが
    札幌市の「ニトリ文化ホール」です。

    このホールに以前訪れたのが1999年でしたので、実に17年ぶりの訪問となりました。

    当時は「北海道厚生年金会館」という名称だったので
    「ニトリ文化ホール」
    と聞いても最初はピンときませんでした。

    さすがに17年前の記憶はほとんど残っておらず、
    建物をぐるりと一周しても懐かしいという感覚はありませんでした…。

    だいたいは搬入口や綱元あたりを見ると思い出すのですが、
    当時はおそらく前夜のお酒が効いたのか二日酔いにでもなっていたのでしょうか…。
    若かりし頃のツアー巡業はそんな毎日でした。

    この「ニトリ文化ホール」は既に2018年度の閉館が決まっているそうです。
    想い出はなくとも劇場が閉館になるのは何とも寂しい気持ちになりますね。

    このホールの役割は来年新しくオープンする複合施設に引き継がれるようですが、
    フェスティバルホールのようにどこかに面影は残して欲しいと思います。

    私が10代の頃に鍛えられた「豊中市民会館」も建て替え工事が終わり、
    この秋に「豊中市立文化芸術センター」としてリニューアルされます。

    2007年当時の旧ホール

    写真は旧市民会館の看板や部材が「おみおくり展」として展示され、
    出演者のサイン色紙や出版物も展示されていた様子です。

    企画した美術家の伊達伸明さんは
    「築40年あまりたつ市民会館の素材は長年いろいろな人の音を吸収しており素材自体が意味を持っていて美しい」
    とおっしゃっておりますが、まさしくその通りだと思います。