イベント企画・制作・演出はKMC EVENT FACTORY INC.|大阪

2018年7月

  • こんにちは。

    最近は誰もが手軽にライブ配信出来る時代になりましたが、

    いま話題の台湾発ライブ配信アプリ『17(イチナナ)Live』をご存じでしょうか!?

     

    全世界で4000万ダウンロードを記録しながらなお増え続け

    2017年8月に日本に上陸しました。

     

    配信者をライバーと呼び、お気に入りのライバーに対してはアプリ内課金のギフトを

    ぽいぽい贈れるというなんとも今どきなSNSアプリです。

     

     

    ライバーの配信内容はさまざまで、

    歌ったり踊ったりするライバーもいれば日常をただ話し続けるライバーもいて、

    トップライバーともなれば「月収1億円!」を稼ぎ、

    メディアでも大きく取り上げられています。

     

     

    そんななか、

    6月28日に東京タワーの足元にある「スターライズタワー(旧東京タワースタジオ)」にて

    オフラインイベント『17シャイニングスター』が開催され

    演出舞監としてのお仕事をさせて頂きました。

    (例によって演出なの?舞監なの?みたいなビミョーな立ち位置です)

     

     

    イベント本番では参加したライバー150人が時間内にどれだけのギフトを集めるかを競い、

    優勝者にはマツダ「ロードスター」(250万円相当)が贈られました。

     

    正直、優勝した”あーるちゃん”が集めるギフトを見ていると

    ロードスターなんて○○くらえって感じの勢いでコンボが発生し、

    このイベント当日だけでも5,000万円以上がギフトとして動いたそうですからすごいのひと言です。

     

    優勝した”あーるちゃん”

     

    会場内では150人が一斉にライブ配信を行うのですが

    ライバーはそれぞれ自分のスマホに集中しているため、

    会場内の雰囲気づくりからバトル(ライブ配信の競技)中の演出、

    オーディエンス(配信を視聴する人)に向けたカメラ割りなどを考えないといけない

    新しいイベントの形態を見た感じがしました。